中古物件で不動産投資を行うということ

投資をする際にはまず、新築マンションか中古マンションで投資するかを考えます。
投資初心者は不動産投資といったら新築マンションで投資をするイメージが強いですが、中古マンションで投資をするメリットは大きく2つあります。
 一つ目は利回りが高いことです。
新築マンションよりも利回りの良い物件をみつけ、外観や内観を確認してから購入できます。
リスクの面をとってたくさんの人に入居してもらうことで多くの収益を得られます。
また、この際十分な中古マンションの中の確認が必要になります。
日当たりや、老朽具合など物件の状態を確認するのがポイントです。
なかなか入居希望をされないマンションを購入しないようにしましょう。
 二つ目は価格が安いことです。
新築マンションを購入するよりも確実に安価で購入ができます。
初期費用が安く抑えられる点やや消費税がかからない物件もあることなど、不動産投資をはじめやすいのは中古マンションになっております。
この時、価格が安いことに限らず、優良な物件情報を提供してくれるパートナー選びが重要になります。

期間限定の仮オフィスとして活用することもできます
初期費用がかかりませんし、期間限定で借りられるため仮オフィスとして利用するにも便利です。

経験豊富なスタッフが越谷リフォームに対応しています
知識・現場会経験豊富なスタッフが親身になって対応してくれるので、安心して施工をおまかせできます。

リフォーム相談 東京
中立な第三者と最後までサポートします

大阪でオーダー家具をお考えの方へ

ファイナンシャルプランナーが本物の提案を致します

最新記事

  • 政治や経済といった時代の変化に伴って不動産業界も変化するといわれております。
    少子高齢化や地方 …

    関連ページ①

  • フィナンシャルプランナーは通常FPと略され、保険業界でよく聞く資格ですが実は不動産業界でも重宝されま …

    関連ページ②

  • 不動産営業マンとして成功しやすい人は、まず行動力や率先力、自ら新しいことを追求できる性格であることが …

    関連ページ③