フィナンシャルプランナーが不動産業界で重宝する

フィナンシャルプランナーは通常FPと略され、保険業界でよく聞く資格ですが実は不動産業界でも重宝されます。
不動産業界では一回の契約が高額な商品であるため資金計画を立てる必要があります。
将来の金利変動を見越した住宅ローンの組み方を考えることや、税制を最大限に活用した返済方法のアドバイスをするのがフィナンシャルプランナーです。
その他にも不動産売却で適正な価格設定と物件ごとの特徴に合わせた販売戦略を行う仕事や、物件に投資をする際に金融や運用によるアドバイスをして手助けすることや、賃貸物件の管理といった仕事を業界のフィナンシャルプランナーは行います。
フィナンシャルプランナーになるには国家試験であるフィナンシャルプランニング技能検定を取得します。
1級から3級まであり、3級はフィナンシャルプランナー未経験でも受験ができます。
3級は合格率80%でありますが通信講座でしっかり勉強する方法が最も効率の良い勉強方法になります。
フィナンシャルプランニング技能検定を持っていれば不動産業界で転職や企業が有利になるでしょう。