不動産の資格でよく求められる宅建の資格について

宅建とは一般的に呼ばれる略称のことで、正式な名称は宅地建物建築士と呼ばれる国家資格のことです。
不動産の資格の中では重宝される資格で、重要事項説明をするときに必要となることや、事業所5人ごとに1人配置しなければならないなどの規定があるなど、企業側でも求められる資格となっています。
資格取得者は、不動産関係で必要となる各種契約業務となる不動産関連の売買や賃貸、各種契約に対する手続きを行うことができます。
不動産関連の契約は金額的にも高額になるため、契約者双方に対して問題が発生しないように、正しい契約の知識、説明責任の義務を負うなど法律上も重い義務が課せられています。
そのため、資格取得者は正しい手続きによって、義務を行使しなければなりません。
また、異業種でも資格取得者は重宝されるため、転職を視野に入れている方にとってもプラスの資格となります。
金融、保険関係、証券会社などでも求められる資格となっていますのでキャリアアップを検討されている方にとってプラス要因となっています。